大学教育ローン

子供が大きくなっていくにつれて、その教育にかかる費用も大きくなってい来ます。 小さいころは、教育費もかかる事が少ないですが、高校、そして大学と進むとその教育費は莫大です。

特に大学にかかる学費は相当家計を圧迫する存在なのではないでしょうか?その為、大学教育ローンなどを利用し、賢く家計をやりくりすることも一つの方法です。 大学教育ローンは大学が提携するローンもあり、以外と知られていない存在なのです。奨学金は条件等がある場合も多く、必ずしも借り入れ出来るという保証はありません。 また申し込み期間もあるためその時期を逃すと借り入れが難しくなってしまいます。しかし、大学が提携するローンであれば他の教育ローンと比較しても金利が低く銀行や信販系で扱っていることも多いのです。 提携ローンを検討する際は、入学する大学に、提携しているローン会社や、銀行がないかかならず確認しましょう。

そして、提携している銀行側に大学教育ローンを申し込む際も、提携している大学の教育ローンを申し込みたいという主をかならず伝える事が重要です。 提携している大学を伝えないばっかりに、普通の教育ローンと勘違いされる場合があるため、金利も異なってくるからです。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後届いた書類を記入し、返送します。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでまずは事前診断を行ってみて借り入れ可能か診断してみましょう。

仮審査の申請もネット上で行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

埼玉りそなの教育ローンについてご紹介します。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

変動金利なので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年です。

在学中は利息分のみの返済も可能で、すでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生本人に貸し付けられます。

借り方にも違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は毎月定額振込みが基本です。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。

教育ローンでいくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円と決まっています。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度です。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、提携校によって融資額が変わります。

銀行が貸付する教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きく返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンが借りれないという人はどういった状況が想定できるでしょうか。

恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員であることは必須要件ではありませんが安定した収入があることを証明しなければなりません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査をクリアするのは厳しいと言わざるを得ません。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の支払いのために利用することが多いようです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中で最もおすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校でも認められています。

使い途も入学金や授業料のみならず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

低金利なところだと1%台だったりするのですが、高金利ところだと10%近いものもあるのです。

銀行の教育ローンでしたら口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利というものがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンを比較するならランキングサイトの利用がおすすめです。

銀行やノンバンクを回ったり資料請求する必要もありません。

借入可能額や金利などの具体的な数字は表になっているので一目で比較ができます。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

教育ローンの返済方法を説明します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

返済期間についても医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。

普通のカードローンと同じで限度額の範囲内だったら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

通常のカードローンとの違いは使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

信販会社や消費者金融に多い商品なのですが一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申し込むことは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、融資を受けるには審査に合格する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や公共料金の領収書なども必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的にはできません。

学費目的と言ってもローンなので借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために借入をする人が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

Copyright (C) 銀行カードローン徹底比較 All Rights Reserved