保証人の基礎知識

保証人とは、債務者の債務が履行されない時にその債務返済を保証人が返済を保証するという存在です。 保証人の基礎知識として覚えておきたい事が、保証人には、保証人と、連帯保証人とで分かれます。

例えば、知人の債務者の保証人になり、知人が返済を滞らせてしまったとします。 その際に債権者から返済請求をされるのですが、保証人の場合は、債権者に対して、債務者に請求してほしいと返済請求を拒否することが出来ます。 そして、債務者に資産がある場合には、債権者に資産があるからその資産を返済に充ててほしいという依頼を出す事も可能なのです。 これを催告の抗弁権といい、保証人は催告の抗弁権を主張することが出来るのです。 しかし、連帯責任者は連帯して責任を負わなければいけない存在ですので、債権者から返済請求をされた際、有無を言わさず返済を余儀なくされてしまうのです。

その為、保証人になる際には、保証人であるか、連帯保証人であるかを必ず確認する事が重要です。仮に連帯保証人となっている場合は、よく検討をし連帯保証人に設定する必要があります。 出来る事であれば保証人にはならない方が懸命ではありますが、もしもの場合には、これらを思い出し、充分に検討することをおすすめします。

Copyright (C) 銀行カードローン徹底比較 All Rights Reserved